関東 牧場 穴場

何でも情報局

気になった情報やニュースなどを紹介

 
Sponsored Links
 

気になった情報やニュースなどを紹介

関東にある牧場で穴場はこの3つ!自然を満喫しよう!

 


人混みの多い都会を離れ、自然の中で気分転換をしたいですよね。
そんなあなたに牧場に行ってみてはいかがですか?

牧場に行くにしても、混雑しているようなところは避けたいはずです。
そこで、関東地方にある穴場の牧場を3つ紹介します。

 
Sponsored Links
 

こもれび森のイバライド


こもれび森のイバライドは茨城県稲敷市にあり、江戸崎農業公園ポティロンの森をリニューアルしたところになります。

たくさんの動物たちが歩き回っているのが特徴です。
そんな動物たちに触れることができるのがいいですよね。

また季節ごとに花が咲くので、どの季節に行っても楽しめます。
お花目当てに行くというのもありです。

入園料以外に各種体験コーナーなどは料金がかかるので、多少割高になってしまいます。
それでも、記念になる体験になり、お話のネタにもなります。

料金は

大人(中学生以上) 1,000円
子供(4歳~小学生)  600円
3歳以下無料

となっていて、駐車料金は500円かかります。


里美カントリー牧場


里美カントリー牧場は茨城県常陸太田市にある牧場になります。
関東の中でも最大規模の大きさで約520万平方メートルです。

あたり一面を見ても緑一色なので、どれくらい広いのか想像つくと思います。
これこそまさに自然の中という感じです。

5月中旬くらいから牛の放牧が始まるので、その牛の姿を見て、ぼーっとのんびり過ごすのもありです。
都会にはない、ゆっくりとした時間が流れている感じがします。

入場料が無料というのも嬉しいところです。


浅間牧場


浅間牧場は群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢にあります。
6月下旬に800頭くらいに牛が放牧されます。

非常に広い草原なので、放牧された牛がどこにいるのか見れない可能性があります。
しかし、その草原と奥に見える山々の景色には圧倒されます。

また、浅間牧場の入り口にある浅間牧場茶屋には様々な施設があります。
動物に触れたり乗馬ができたり、絞りたての牛乳が飲めたり、濃厚なソフトクリームが食べられます。

入場料は無料ですが、体験コーナーは料金がかかります。


最後に


どの牧場も体験コーナーや食べ物は楽しみの1つになりますよね。
そこでしか味わえない経験をしましょう。

 
Sponsored Links
 

 

関東地方   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る