ジェットコースター 克服 急降下

何でも情報局

気になった情報やニュースなどを紹介

 
Sponsored Links
 

気になった情報やニュースなどを紹介

ジェットコースターを克服したいあなたへ!急降下でも大丈夫!

 


ジェットコースター独特の無重力体験を一度でも感じて恐怖になっている人も多いと思います。
二度と乗りたくないという人もいれば、何とか克服してみたいという人もいると思います。

そこで、ジェットコースターの克服法を紹介します。
これで、ジェットコースターが克服できるかも?

 
Sponsored Links
 

なぜ怖いと感じるのか?


まずは、そもそもジェットコースターはなぜ怖いのでしょうか?

1つは先入観があります。
何かと感情を我慢させて乗り込むことで恐怖心を自ら仰いでしまっているということがあります。

先入観を持たないということから始めなければなりません。

また、あのふわっとした感覚を経験してついつい下を見てしまう人がいるかもしれません。
下を見ないというのも1つの方法です。

これらの出来ることを一つでも実行出来ればかなり変わるものです。

実際の克服方法は?


まずは絶対に目をつむるのは止めてください。
この行為がより恐怖を抱くきっかけになります。

そして下を見ず「怖い!」という言葉を連発するのもやめてみてください。
これら2つの事だけでも結構変わりますよ。

最初は子供が乗り込むような軽めのジェットコースターで予備練習を重ねていうのも有効です。
いきなりの絶叫マシーンを選んでしまうと、それ以降恐らく克服するのは難しくなりそうです。

あと、乗り込む場所は一番前と一番後ろは避けてください。
これらの位置は恐怖心がアップしてしまいます。

そして仲の良い友達と一緒に乗り込むのもコツです。
友達と一緒にいると心強くなりますよね。

また、ジェットコースターがレールの上を登り始めたときに「もうすぐ落ちる」と脳に教えてください。

声に出しても良いです。

どれも難しい方法ではなく、すぐにでもできそうな方法なのでやってみてください。

乗っている時にすることは?


独特の浮遊感が恐怖と言う人は特に真ん中よりも前に乗り込んでください。
とにかくリラックスして乗ってください。

そしてジェットコースターが最も高い地点に居る時も極力リラックスを心がけてください。
なかなか最初から出来ることは少ないと思いますが努力してみてください。

急降下で落下する感覚で内臓が浮き上がるような感覚が怖いと感じる一番の原因です。
これを克服するためにもコツがあります。

まずはお腹に力を入れてください。
そして鼻から息を吐いてみるのです。

ガタガタとジェットコースターが登り始めた時に口で大きく呼吸を始めます。
そして下りでは鼻から少しずつ吐き出します。

つまり、こうすることでお腹に力が入り浮遊感が軽減するのです。
リラックスというのが最大のキーポイントとなります。

最後に


一度恐怖心を持ってしまうと克服するのは大変かもしれませんが、克服するには少しずつやっていくのがコツになってくると思います。

 
Sponsored Links
 

 

暮らし・生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る