インスタントコーヒー 美味しい 入れ方 簡単

何でも情報局

気になった情報やニュースなどを紹介

 
Sponsored Links
 

気になった情報やニュースなどを紹介

インスタントコーヒーの美味しい入れ方~これは簡単にできる!

 


朝起きたらインスタントコーヒーを
飲むという人はいます。

インスタントコーヒーは
手軽で美味しいです。

けど、どうせ飲むのでしたら、
もっと美味しく飲みたいですよね。

そこで、
インスタントコーヒーの
美味しい入れ方を紹介します。

 
Sponsored Links
 

コーヒーカップ


インスタントコーヒーを飲むのに
コーヒーカップを使うのですが、
コーヒーカップをそのまま使う前に
1つちょっとした作業をします。

それは、
コーヒーカップを温めることです。

コーヒーカップを温めておけば
コーヒーが冷めにくくすると
いうのもあるのですが、

コーヒーカップと
お湯の温度差があると
コーヒーカップが
コーヒーの温度を下げてしまい、
酸味が出やすくなります。

酸味が出てしまったコーヒーは
美味しくなくなってしまいます。

お湯の温度


コーヒーに入れるお湯の温度ですが、
沸騰したお湯をそのまま入れてませんか?

インスタントコーヒーの粉を
混ぜるのに適した温度は80〜90°Cです。

沸騰した温度(100°C前後)だと
渋みが増して苦くなりますし、
適した温度より低いと
温度が低くなるにつれて
酸味が増してしまいます。

沸騰したお湯を30秒~1分くらい置いてから
お湯を入れるようにしましょう。

インスタントコーヒーの分量


インスタントコーヒーを
目分量で入れてませんか?

インスタントコーヒーの
分量が少なかったら味が薄いですし、
多かったら苦いですよね。

一般的なインスタントコーヒーの分量は
お湯140mlに対して粉1.5gくらいで、
お湯190mlに対して粉1.5gくらいになります。

しかし、
インスタントコーヒーの最適な分量は
メーカーによって異なりますので、
美味しく飲みたい場合は
よく確認しましょう。

お湯の入れ方


お湯を入れるときのポイントは
最初からコーヒーカップいっぱいに
お湯を入れずに少しだけ入れることです。

これは、お湯を少し入れた後に
粉を練るためです。

少量のお湯で粉を練ることによって、
お湯に溶けやすくなり美味しくなります。

砂糖・ミルク


砂糖とミルクは入れる場合は
順番に注意しましょう。

まず、砂糖を入れるタイミングは、
お湯を入れた後に砂糖を入れて混ぜます。

これは、
インスタントコーヒーに
砂糖を入れた状態でお湯を入れると
甘さがくどくなってしまうからです。

そして、
砂糖を入れて混ぜた後にミルクを入れます。

ミルクを砂糖と一緒に入れると
コーヒーの酸とミルクのタンパク質が
結合して固まってしまうからです。

最後に


どれも難しいやり方ではなく、
簡単にすぐにできる方法です。

もう一手間加えると
より美味しくなる方法があるのですが、
その分時間がかかってしまいます。

簡単で時間が
かからないほうがいいですよね。

 
Sponsored Links
 

 

暮らし・生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る