メガネ 手入れ 仕方 洗う 頻度

何でも情報局

気になった情報やニュースなどを紹介

 
Sponsored Links
 

気になった情報やニュースなどを紹介

メガネの手入れの仕方~洗う頻度はこの回数で十分!~

 


メガネを持っている人で
メガネの手入れの仕方を
詳しく知っている人は
少ないと思います。

お店で購入したときに
店員から説明はありますが、
覚えていないものです。

そこで、メガネの手入れの仕方を
簡単に紹介します。

 
Sponsored Links
 

メガネの手入れ~レンズ~


メガネの手入れで
1番手入れをするところはレンズです。

レンズにほこりや汚れがあると
邪魔になって見えにくくなります。

汚れを取るときに
メガネ拭きやティッシュを使って
汚れを取る人が多いと思いますが、
実はこれ、やってはいけない方法です。

ほこりなどの汚れがついている状態で拭くと、
それがレンズを引っ掻き、
レンズを傷つけることになってしまいます。

メガネのレンズの手入れは
水で洗うことです。

お湯だとコーティングが
剥がれる恐れありますので
避けてください。

水は流水でも洗面器などに
溜めた水の中でも構いませんので、
メガネのレンズに付着した
ほこりや汚れを洗い流します。

洗い終わったらティッシュで水分を取り、
メガネ拭きで仕上げます。

ティッシュは
軽く水分を取る程度の力で十分ですので、
強く拭く必要はありません。

メガネ拭きはきれいなものを使い、
汚れてきたら洗濯しておきましょう。

また、余裕がある場合、
水で洗った後にメガネのシャンプーや
中性洗剤を薄めたものを使って洗います。

二度手間と思うかもしれませんが、
一度目の水洗いは
ほこりなどを大まかなものを
洗い落とすのが目的で、
二度目は油脂を洗い落とすのが目的です。

水洗いだけでも効果はありますが、
メガネのシャンプーや
中性洗剤を薄めたものを使えば
よりメガネのレンズを
長持ちさせることができます。

メガネの手入れ~水で洗う頻度~


メガネの手入れで水で洗う頻度としては
1日1回です。

ほこりなどは毎日レンズに付くものなので
水で洗い流しましょう。

メガネのシャンプーや
中性洗剤で洗う場合は
毎日洗う必要はありませんが、
定期的に油脂を洗い流すのが
望ましいです。

1つの目安としては
水洗いをして
レンズを光越しに見てみると
油脂が光って見えるときです。

1週間に1度は確認して
油脂の汚れがあるかどうか
チェックしておきましょう。

最後に


メガネの手入れは
最低でも水洗いは必要です。

水洗いはそれほど面倒なことでは
ありませんのでやってみましょう。

あと、メガネをケースにしまうときに
メガネをたたみますが、
メガネは左のテンプルから
たたむのが基本です。

右からたたむとバランスが悪くなり
フレームやレンズを
傷つける原因になります。

それと定期的にメガネ店に行き
メンテナンスしてもらいましょう。

 
Sponsored Links
 

 

道具・製品   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る