インフルエンザ 予防接種 効果

何でも情報局

気になった情報やニュースなどを紹介

 
Sponsored Links
 

気になった情報やニュースなどを紹介

インフルエンザの予防接種の効果は100%ではない?

 


秋から冬にかけて流行する病気といえば・・・そうインフルエンザです。
毎年多くの人がインフルエンザにかかっていますよね。

インフルエンザの主な症状は高熱や全身症状などがあります。
場合によっては死ぬこともあり、特に子供やお年寄りが重症化するケースも多いです。

そんな怖い病気にならないようにするために予防接種を受ける人も多いです。
予防接種さえ受けておけば大丈夫だと思いますよね。

ところで、そのインフルエンザの予防接種の効果って本当にあるのかどうか疑問に思いませんか?
メディアがあれだけ煽っていると絶対に効果があると思ってしまいますが・・・。

そこでインフルエンザの予防接種の効果について調べてみました。

 
Sponsored Links
 

インフルエンザの予防接種の効果の本当のところ


インフルエンザの予防接種の効果は結論から言うと、ほとんど効果がありません
このことについては厚生労働省が認めています。

これは、周りの人で予防接種を受けてもインフルエンザにかかったという人がいれば、効果がないんだなと実感しているかもしれませんけどね。

ただし、これだけだとちょっと誤解してしまう点があるので、いくつか説明する必要があります。

まず、予防接種と聞くと病気を予防するためと思いますよね。
体内に免疫を作り、その免疫とピッタリと当てはまる病原体と体内で戦ってくれます。

ところがインフルエンザは同じ型でも微妙に変異をし続けています。
予防接種に必要なのはピッタリと当てはまる免疫の型です。

そんな変異をし続けているインフルエンザのウイルスにピッタリと当てはまるものを作り出すのはほぼ不可能です。

毎日のように建物や道路が誕生する街の地図を作ってくれと言っているようなものです。
そんな街の地図を作るのって無理がありますよね。

インフルエンザの予防接種もそれと同じなのです。

それでもピッタリと当てはまる同じ型のインフルエンザのワクチンを作ることができれば、絶大な効果があるのは言うまでもありません。

同じ型のワクチンが作れるかどうかということになります。

何のためにインフルエンザの予防接種を打つの?


インフルエンザの予防接種の効果がないのなら打つ必要がないと思うかもしれません。
しかし、インフルエンザの予防接種には予防をする効果ではなく別の効果があります。

それは、重症化を防ぐ効果となります。

インフルエンザにかかったとしても重症化してしまうとかなり危ないですよね。
そんな危ない状態になるのをンフルエンザの予防接種により防いでくれます。

予防接種というよりも重症化防止接種と言ったほうがいいかもしれませんけどね。

最後に


インフルエンザの厄介なところは変異するところです。
変異さえしなければ、インフルエンザの予防接種は最も効果的なんですけどね。

 
Sponsored Links
 

 

病気・症状   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る