目のクマ解消 種類 原因

何でも情報局

気になった情報やニュースなどを紹介

 
Sponsored Links
 

気になった情報やニュースなどを紹介

目のクマ解消方法~種類や原因を把握しよう!~

 


寝不足や体調不良で目の下にクマができる時がありますよね。
見た目の印象が決して良くはないです。

そこで目のクマはどういうものかまとめてみました。
一言で目のクマと言っても、いろいろとあります。

 
Sponsored Links
 

目のクマの種類は?


目の下にできるクマにも種類があるということをご存じですか?
多くの人は「寝不足でクマ」という認識で根付いているのですが、目のクマには種類があります。

その人の肌のタイプにもよるのですが、自分の悩みの種になっている目の下にできたクマの種類を正しく理解することで早く解消することに繋がります。

まず鏡を見て目の下にできているクマの色をよく見てください。

  • 青グマ(青クマ)の場合

  • 目の下を押えてみると色が変わります。
    これは血流不足でできるクマということになります。

  • 黒グマ(黒クマ)の場合

  • 加齢によってできた皮膚のたるみが主な原因なのです。
    上を向く目立たないのが特徴です。

  • 茶グマ(茶クマ)の場合

  • 一般的には色素沈着が原因となっています。
    どの角度から見ても変化なく見えているのが茶クマの特徴なのです。

    いかがでしょうか?
    まずは目のクマの種類を把握することで、どういう状態がわかるはずです。

    目のクマの原因は?


    目のクマの種類別で書きましたが、まず青グマの原因は主に疲労による血行不良です。
    パソコンなどで目を酷使している場合にはすぐにできてしまいます。

    もともと冷え性気味の人や寝不足の場合にも青グマはできやすくなってしまいます。

    茶グマの主な原因は特に女性でアイメイクが濃く、それを落とすために慢性的な皮膚の摩擦が起こっている場合が多いです。
    それと肌のくすみも茶グマを作りやすくなります。

    黒グマの主な原因は目の下の皮膚がたるんでいることが大きいです。
    脂肪がたるんでしまっていることも要因になります。

    目のクマの解消方法は?


    目のクマの原因になっているものをやらなければ、それが目のクマの解消方法になります。

    青グマの場合は疲労が溜まらないようにしたり、血行不良を改善することで青グマが解消されていきます。
    目の疲れを癒すグッズを使ったりして極力休める時は休ませるなどの配慮が必要になります。

    茶グマの場合はメラニン色素を増やさないようにすることが改善策です。

    ビタミンCの入った食べ物を食べたり、化粧品などを使ってスキンケアをし、美白中心に切り替えるなどの工夫をすることでかなり目立ちにくくなります。

    黒グマの場合はたるみが原因ですので顔全体をリフトアップする必要があります。
    自分自身でもフェイスマッサージをするなど努力をしてみてください。

    最後に


    目のクマはいかにも不健康そうな感じがしますので極力避けたいところです。
    原因によって解消方法も違うのできちんと把握しておきましょう。

     
    Sponsored Links
     

     

    健康・美容   コメント:0

    この記事に関連する記事一覧

    コメントフォーム

    名前

     

    メールアドレス

     

    URL

     

     

    コメント

    トラックバックURL: 
    TOPへ戻る