小松菜 栄養 効能

何でも情報局

気になった情報やニュースなどを紹介

 
Sponsored Links
 

気になった情報やニュースなどを紹介

小松菜の栄養や効能は?秘められたパワーが!

 


小松菜というのは年中出回っている野菜ですが、小松菜の旬の時期は12~2月と冬の野菜になります。

どちらかというと脇役的な出番の多い野菜のイメージかもしれません。

しかし栄養面では優れた効果が期待できる野菜ですので今一度、小松菜の使い方を見直してみませんか?

そこで小松菜について、ちょっと調べてまとめてみました。

 
Sponsored Links
 

小松菜の栄養は?


小松菜は緑黄色野菜の中でも栄養価の非常に高い野菜になります。

その栄養の種類はとにかく多岐にわたっていてカルシウムやビタミンAに限らずカリウムや食物繊維などを多く含みます。

その中でも小松菜は非常に豊富な鉄を含有している女性の貧血予防に役立ちます。

似たような野菜でほうれん草があるのですが、ほうれん草と比べても栄養価はほぼ同じです。

さすがに鉄分は、ほうれん草よりも、やや劣ってしまいますが、カルシウムはほうれん草の5倍もあります。

骨粗しょう症などを予防する意味でも積極的に摂取したい野菜です。

小松菜の効能について


小松菜に含まれているカロチンは癌の予防や風邪予防、免疫の向上に役立つと言われています。
そしてビタミンCはカロチンと同じく風邪予防を助けてくれます。

食物繊維は便秘を改善してカリウムは高血圧を予防してくれるのです。
他にも小松菜の栄養のところで挙げた、貧血予防や骨粗しょう症などの予防もあります。

小松菜の保存方法は?


小松菜を保存をする場合には新聞紙に水分を含ませて包んでおくことで多少の日もちも可能になります。

しかし小松菜はとても傷みやすい特徴があるので、早めに使い切ってしまうのがベストです。
どうしてもという場合は、この方法で保存してみてください。

小松菜を美味しく食べるレシピは?


シンプルにおひたしにして食べるのも美味しいのですが、ご飯のお供にするにはひと手間かけておかずに変身させてみてください。

豚バラ肉と小松菜を炒めて醤油や砂糖、酒で味付けをしてごま油でアクセントとしての隠し味を添えて食卓に並べてください。

他にもスムージージュースにして飲むなど工夫をして食生活の中に小松菜の栄養を取り入れてみてください。

意外と知られていない?小松菜のパワーについて


そもそも小松菜という野菜は造血作用の強い野菜なのです。
全身の血流を良くして元気の源となります。

そして生理などの周期で貧血気味の女性には顔色までも明るく整えてくれるという嬉しい作用があります。

また小松菜には髪の艶にまで血液不足は影響を及ぼします。
小松菜を食べて造血を促して艶髪を目指してみませんか?

最後に


小松菜は意外と知られていないことの多い野菜かもしれませんが、こうやって知ることによって、すぐにでも食べたくなってしまいますよね。

料理しやすい野菜ですので、ぜひ食べてみてください。

 
Sponsored Links
 

 

食べ物・飲み物・料理   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る