塩 美容 効果 洗顔 マッサージ

何でも情報局

気になった情報やニュースなどを紹介

 
Sponsored Links
 

気になった情報やニュースなどを紹介

塩美容の効果は?洗顔やマッサージできれいになろう!

 


最近話題の塩美容というのをご存知でしょうか?
塩は身近な食材であり比較的手に入りやすいものです。

実際にどんな効果があるのでしょうか?
色々調べてみました。

 
Sponsored Links
 

塩美容の考え方


塩というのは老廃物を排出するという役割を担います。

とにかく体の中に溜まっている悪い物質を排出したいという場合には塩を使った美容法をおすすめしたいです。

ざらついている肌もすっきりと美しくなります。

お金を掛けずに手間だけを掛けてお顔も体もすべすべ肌になってみませんか?
これまで様々な美容家も塩美容については絶賛しています。

塩美容を見直して生活の中に取り入れてみてください。

塩を使ったお風呂に入ってみる


まずはてっとり早く塩美容を実践してみたいという人におすすめなのは塩を使った入浴です。
なんといっても塩には発汗作用があります。

この作用で毛穴の汚れをすっきりと排出させるというのが一つの狙いです。

その上、塩の保湿作用で肌がしっとりします。

汗ばむ季節には殺菌効果で気になって仕方のない臭いもすっきりと洗い流せるという効果もあります。

そしてエアコンなどによって冷え性になってしまったり肩こりや腰痛のある人にとっては血行も促進します。

実際に使う塩の量は普通のバスタブであれば一握り程度で大丈夫です。
もしくは大さじ3杯程度が適量になります。

塩美容を意識した入浴時間としては20分程度はゆっくりとバスタブに浸かっていたいですね。

塩洗顔とマッサージについて


塩で洗顔すると角質ケアにはとても効果があります。
とにかくすべすべの肌に洗い上がるというのが最大の特徴です。

普段から肌がくすんでいるという方や毛穴が黒くて困ると言う人には是非ともお試し頂き期待塩洗顔です。

ここで一つ注意点は、塩は傷やニキビ跡にはしみまるので現在肌にトラブルがあるという人にはお控え頂きたいと思います。

肌の状態が落ち着いてからお試しください。
塩には自然な角質ケア効果があり、すべすべで透明なお肌に洗い上がります。

塩洗顔の方法


まず濃い目の塩水を作り塩水で顔をマッサージしながら洗います。
ただし、目の周りには十分に気を付けてください。

どうしても皮膚の薄い部分は避けて洗いましょう。
肌の水分が抜けないように30秒程度で洗い上げてください。

塩洗顔をした後には必ずぬるま湯で二度洗いしてください。

塩マッサージの方法


まず塩を多めにお湯で溶かします。
この時にシャーベット状になるように分量を調節するのがコツです。

肌洗顔と同じで傷がある部分を避けてマッサージしながら洗います。
古い角質が落ちてすべすべの肌になります。

最後に


お肌に塩を使うとこれほどの効果があるなんて思ってもいませんでしたよね。
費用もそれほどかからず、手軽にできるので、試しにやってみる価値はあると思います。

 
Sponsored Links
 

 

健康・美容   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る