急性胃腸炎 原因 症状 うつる

何でも情報局

気になった情報やニュースなどを紹介

 
Sponsored Links
 

気になった情報やニュースなどを紹介

急性胃腸炎の原因や症状は?うつるの?

 


急性胃腸炎って知っていますか?

テレビや新聞などで
聞いたことがある人が多いと思います。

急性胃腸炎は名前からすると、
急に胃や腸が痛くなるという
感じがしますが、
詳しく知らないところがあります。

そこで急性胃腸炎について
色々と調べてみました。

 
Sponsored Links
 

急性胃腸炎の症状と原因


急性胃腸炎の症状は、
名前の通り、
胃や腸に急性な炎症を起こすもので、
腹痛をはじめ、
激しい下痢嘔吐などを繰り返します。

それを繰り返していくうちに
体力が奪われ、
症状が悪化すると脱水症状などに陥ります。

急性ですので何の前触れもなく
発症するのが厄介です。

急性胃腸炎の原因は
主に細菌性のものとウイルス性のものです。

夏は細菌性のものが
原因の場合が多く、
冬はウイルス性のものが
原因の場合が多いです。

他にも暴飲暴食やストレス、
疲労も原因になることもありますが、
原因がわからないということも
あるみたいです。

急性胃腸炎はうつるの?


急性胃腸炎はうつるものがあります。

その中で圧倒的に急性胃腸炎が
うつるものはウイルス性です。

ウイルス性の急性胃腸炎は、
感染者の排泄物や嘔吐などが
きちんと処理していないと
ウイルスが残ります。

何も知らずにそのウイルスに触れ、
そのまま手を洗わずに
食事を作ったりして
その食事を食べると、
口から感染してしまいます。

きちんと処理するというのは、
できるだけ使い捨ての手袋やマスクを使い、
殺菌や消毒をすることをいいます。

急性胃腸炎の予防


急性胃腸炎の予防する一番の方法は
手洗いです。

普段から清潔に保つことが
急性胃腸炎の予防に繋がります。

最後に


急性胃腸炎になったら
すぐに病院に行くことです。

ここで色々と書いていますが、
医者の指示を受けることが重要です。

冬になると
ウイルス性の急性胃腸炎が
流行しますので、
きちんと予防をしましょう。

 
Sponsored Links
 

 

病気・症状   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る