修学旅行 バッグ おすすめ 大きさ

何でも情報局

気になった情報やニュースなどを紹介

 
Sponsored Links
 

気になった情報やニュースなどを紹介

修学旅行のバックのおすすめや大きさは?

 


修学旅行のシーズンになると迷うのが「バック」です。
日数によってバッグの大きさが変わってきますが、どのバッグがいいのか迷いますよね。

そこでどのバッグがいいのか紹介します。

最近の小学生、中学生、高校生のおすすめのバックやその大きさについてまとめてみましたので参考になさってください。

 
Sponsored Links
 

おすすめの修学旅行バックは?


まず大きく分けてキャリーバックとボストンバッグに分かれます。
簡単に言ってしまえばキャスターの付いているものか肩にぶら下げるものかになります。

最近では学生の旅行でもキャスター付きのものが重宝されている感じがあります。

荷物の量は一概にはこれと決まっていなくても宿泊数と場所によって使い分けるのはいかがでしょうか?

例えば、空港を経由して比較的都会を旅行する場合にはキャスター付きの物でも便利ですが、足場の悪い道を歩くような移動が想定される場合には肩紐が付いているボストンバック系の者の方が楽だと思います。

しかしながら、都会とはいえ東京駅の構内などでは階段の上り下りが多いのも否めません。

階段上り下りが多い場合にはボストンバックを肩から吊り下げて歩くという方が無難かもしれません。

バックの大きさについて


修学旅行では2泊3日というのが一番多い想定だと思います。
容量的には普通の荷物を詰めるのには20~30ℓもあれば十分です。(4泊5日は40ℓ)

ある程度、周りの学生と同じようなものを購入しておくという事も大事ですが、バックの大きさは少し大きめなくらいの選び方をしておくほうが無難です。

大きめなものにしておけば、荷物が多い人にはそのほうが安心ですし、それに何と言ってもお土産なども入れることが可能です。

また、学校によっては指示があるかもしれません。
その場合は指示を得てから購入するようにしてください。

小学生から高校生までの旅行バックについて


小学生の修学旅行の場合には1泊2日が多いのでキャスター付きのキャリーバックはあまりおすすめできません。

押すだけでも疲れますし、まだまだ子供には扱いにくいものだからです。
小学生の修学旅行の場合にはボストンバックで対応してください。

中学生以上になると泊まる日数も増えて行くのでキャリーバッグでも大丈夫です。

最近ではソフトタイプのキャリーケースが流行していてカラフルでポップな色使いのものがたくさんあります。

見た目やオシャレ度で決めたくなる修学旅行のバックですが、体の負担を最小限にするタイプのものを選んでください。

 
Sponsored Links
 

 

道具・製品   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る