生姜湯の効果は?風邪の症状の咳や喉の痛みにも!

何でも情報局

気になった情報やニュースなどを紹介

 
Sponsored Links
 

気になった情報やニュースなどを紹介

生姜湯の効果は?風邪の症状の咳や喉の痛みにも!

 


冬場になると生姜湯がとても気になりますよね。
お店の店頭などにも並ぶようになり身近な存在になりつつあります。

生姜は体に良いと聞きますが、具体的に何が良いのかまではわからないですよね。
それに生姜湯だとどんな感じになるのかも。

そこで生姜湯について調べてまとめてみました。
これで生姜湯が飲みたくなるかな?

 
Sponsored Links
 

生姜湯の効果は?


生姜湯の効果は体に良いと言ってしまえば、それで終わってしまいますので、何に効果があるのか紹介します。

生姜湯の効果は何と言っても弱った胃腸の働きを助けて血液をサラサラにしてくれます。
生姜の成分によって胃や腸の運動を促してくれます。

また、生姜湯には体を温める効果があります。
そもそも生姜というのは熱を加えるとより温める効果がアップするということをご存知でしょうか?

生姜湯は熱を加えているものなので、その温かさの効果を実感できます。
特に冬の冷え性に悩む人にとっては生姜湯は救世主のような存在ですよね。

生姜湯は風邪の症状にも効果あり!


先に挙げた生姜湯の効果は主なものを紹介しましたが、他にもあまり知られていない効果もあります。

それは生姜湯には風邪の症状にも効果があるということです。
特に喉の痛みを和らげる効果があります。

これは生姜に含まれている成分には殺菌作用があるからです。
病原菌をやっつけてくれるので、風邪の症状を和らげてくれるのです。

生姜湯の注意点


生姜湯を飲むのに注意することがあります。
まず1つは摂り過ぎないことです。

生姜湯は少量でも効果が高く、摂り過ぎてしまうと、胃を傷めたり、肌荒れを起こす原因となってしまいます。

これは生姜湯に限らず、どんなものにも言えることですけどね。

もう1つは、あまりにも胃や腸が弱っている場合です。
特にすでに潰瘍ができているときに生姜湯を飲むと生姜湯の成分が刺激的な作用になり逆効果になります。

生姜湯の作り方


生姜湯の作り方はいたって簡単です。
作り方を覚えておくといざという時にかなり便利ですよ。

必要なものは、お湯1杯すりおろした生姜の2つで十分です。
生姜をすりおろすのが面倒という場合にはチューブタイプのものを使ってください。

まずお湯をカップ1杯用意します。
それを沸かしてすりおろした生姜を入れてよくかき混ぜます。

生姜の量はお好みで調整してください。
最初は少量から味見を、あまり味がしなかったら少しずつ増やしていきましょう。

これだけでも飲めますが、仕上げに片栗粉を少しだけ混ぜてとろみをつけておくと飲みやすいですよ。
材料もシンプルですので今日からでも作ってみませんか?

生姜湯のアレンジ方法


生姜湯の味が何となく苦手という場合には、はちみつを加えたり黒糖を加えたりして仕上げてください。
そうすると甘味が出て少しは飲みやすくなると思います。

他にもありますので、生姜湯の味を薄めるよな工夫をしてみてください。

最後に


生姜湯は体にも良いですし作るのも簡単です。
摂り過ぎには注意が必要ですが、生姜湯は大量に飲むようなものではないような気がしますけどね。

 
Sponsored Links
 

 

健康・美容   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る