洗濯物 臭い 取り方 重曹

何でも情報局

気になった情報やニュースなどを紹介

 
Sponsored Links
 

気になった情報やニュースなどを紹介

洗濯物の臭いの取り方は重曹で!簡単にできるよ!

 


「洗濯物が洗い終わったから干そうっと!」

そう思って、洗濯機の中から洗濯物を取り出すと、もわっ~とする嫌な臭いがしたことがありませんか?
この臭いは何とも言えない不快感がありますよね。

洗濯機に洗剤を入れて洗濯したのに、どうして臭うんだって、洗濯物を投げ出したくなります。
臭ったものをそのまま干すわけにもいかないし・・・。

けど、どうして臭うんでしょうね?
洗濯をしたのに、洗剤には消臭と書いてあるのに・・・。

そこで洗濯物の臭いの取り方を紹介します。
簡単なやり方で洗濯物の臭いが取れますよ。

 
Sponsored Links
 

洗濯物の臭いの原因は?


そもそも洗濯物の臭いの原因は何なんでしょうね?
原因さえ知っていれば、わざわざ洗濯物の臭いを取る必要がないですからね。

洗濯物の臭いの主な原因は次の3つがあります。

  • 雑菌
  • 洗剤
  • 洗濯機

まず雑菌については想像がつくと思います。
菌が洗濯物の水を吸って、臭いを放つのです。

その雑菌が洗濯して取れなければ、菌が繁殖します。
大量に繁殖した雑菌が臭いを放てば、それはもうひどい臭いになります。

洗剤についてですが、これは使い方になります。
洗濯物の容量によって洗剤の使う量は決まっています。

ところが、洗濯物の汚れがすごいからといって、必要以上の量を入れてしまうと・・・。
洗剤が水に溶けきれず、その洗剤が洗濯物に付いてしまいます。

洗濯物に付いた洗剤から雑菌が発生し、そこから臭いが発生します。

洗濯機についてですが、洗濯するものだから臭いなんてないだろうって思うかもしれません。
実は洗濯機には、いろんなものが残っていたり付いていたりして、それが臭いの原因になっています。

具体的に言うと、洗濯物の取れた汚れや、洗剤の残り、タオルや衣類の糸くずなどです。
汚れは当然臭いますし、洗剤の残りは洗剤のところで述べた通り、そこから雑菌が発生します。

タオルや衣類の糸くずは、その中に雑菌が潜んでいますので、それが臭いの元となっています。

これらの原因がわかっていれば、それを対処すればいいだけなので、洗濯物の臭いを気にしなくてすみますよね。

洗濯物の臭いはこれを使って取ろう!


洗濯物の臭いの原因がわかっていても、手遅れで洗濯物に臭いが付いてしまったら、これを使ってみましょう。

その使うものは重曹です。
重曹で臭いが取れるのと思うかもしれませんが、取れるんです!

やり方は簡単です。
必要な物は、臭いのある洗濯物に、それを入れる器、重曹に水です。

まずは、器に水と重曹を入れて混ぜます。
重曹の量は水200ミリリットルに対して重曹小さじ1杯になります。

次にその重曹を溶かした水の中に臭いのある洗濯物を浸けておきます。
浸ける時間は20~30分くらいが目安になります。

最後に洗濯機に入れて、普通に洗濯をしましょう。

洗濯の前にひと手間加えるという感じなので、すぐにでもできそうですよね。

最後に


洗濯物の臭いの取り方で使うものが重曹って、掃除好きの人なら、すぐにピンときたかもしれませんね。
重曹はいろんなところに役立つ、魔法の粉というべきかもしれません。

 
Sponsored Links
 

 

暮らし・生活   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る